×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

帯広 豚丼

豚丼です。北海道十勝地方帯広の豚丼が美味しいです。

トップ > 北海道グルメ > 帯広 豚丼

帯広 豚丼

豚丼

北海道十勝地方の帯広名物の豚丼(ぶたどん)です。一般的な豚丼とは作り方が異なります。

帯広豚丼の作り方は、主にロース・ばら肉の豚肉を、砂糖・みりん・醤油などで味付けした甘辛いタレで焼いて、ご飯の上にのせたものです。

北海道では牛肉よりも豚肉を多く食べるので、豚丼もどんどん広まっています。

2010.07.31 帯広で豚丼

釧路・根室方面へ向かうため、道東自動車道を自動車で走行していました。

休憩するために帯広市付近の、高速道路のPAに入りました。

すると、普段は無いテントが建てられ、炭火で何かが焼かれていました。煙がモクモクとあがり、丁度お腹の空いていた私は吸い込まれるように、見に行ってしまいました。

焼いているのは、豚肉で、豚丼が販売されていました。このときは、十勝地方の帯広豚丼を知らなかったため、軽い気持ちで購入です。値段は、ワンコインの500円でした。

近くのベンチに腰掛け、割り箸を割って、香ばしい香りのする豚肉を食べてみました。すると、炭火で焼いた、甘辛い豚肉の味が口の中に広がっていきました。

あまり期待していなかったのですが、あまりの美味しさにビックリしました。丼を抱えてどんどん口へご飯とお肉を運んで完食です。

豚丼の作り方

これ以降、豚丼にはまり、自宅でも作るようになりました。十勝豚丼のタレも市販されているので、タレを購入して焼いています。

自宅での作り方は、フライパンで豚肉を焼き、市販のタレ(ソラチ 十勝 豚丼のたれ)をからめて、どんぶりご飯の上に乗せるだけの簡単な方法です。

それでも、おいしいですね。帯広豚丼は、おすすめです。

ページのトップへ戻る