×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

円山動物園

円山動物園は北海道札幌市にあります。さっぽろ円山動物園のキャラクターは、マルヤマンです。

トップ > 北海道のレジャー > 円山動物園

円山動物園

円山動物園の西門

北海道札幌市に円山動物園はあります。2011年で、開園60周年を迎えます。

都心の程近くでありながら、豊かな自然に恵まれており、お子様はもちろん、大人も楽しめる空間です。

高い飼育・繁殖技術を活かして、希少動物の繁殖に取り組んでいます。5月は沢山の動物の赤ちゃんが誕生しています。

また、オリジナルキャラクターの「マルヤマン」があります。かなり「シーク・イン」なシュールなキャラクターです。

円山動物園へのアクセスには自動車が必要になります。定期観光バスやジェイ・アールバス、タクシーをを使用することをおすすめします。自家用車で行く場合は有料の駐車場があります。

出産などで、公開されていないオオカミやユキヒョウなどもありますので、ホームページで確認してから行くのが良いでしょう。

2011.05.26 円山動物園

暖かい平日に行ってみようと考え、自家用車で行きました。動物園へのアクセスは基本的に車が無いと難しい場所にありますね。

カーナビの案内で駐車場へ向かったのですが、特に迷うことも無くたどり着きました。

駐車場は2箇所ありましたが、私は広い第一駐車場へ車を停めました。駐車料金は前払い制なので、駐車場に入る際に支払う必要があります。私はこのことを知らなかったため、入り口でアタフタしてしまいました。普通車の料金は、700円です。

札幌市円山動物園 西門

車から近い西門で、入園料600円を支払い、入場しました。午後に入園したのですが、子どもたちも午前中に巡り終わっているのか、この時点では空いていました。

門をくぐると、左手に無料休憩所があります。最近できた場所のようで、ぬいぐるみやキーホルダーなどのグッズも販売していました。ここでは、キーホルダーを購入しました。

ホッキョクグマ

ホッキョクグマの赤ちゃん

正門から一番遠い場所に、世界の熊館があります。ここには、マレーグマ、ヒマラヤグマ、アメリカクロクマ、ナマケグマ、エゾヒグマ、ホッキョクグマがいます。熊はやはり迫力がありますね。

その中で、人だかりが一番できていたのが、ホッキョクグマです。ホッキョクグマ「ララ」のメスの赤ちゃんが公開されているからでした。2頭はかなりリラックスした姿で横たわっていました。

望遠カメラで写真撮影をする人が多数いらっしゃいました。赤ちゃんと母親は、スペースの隅にいたため、見るのも撮影するのも大変でした。とても可愛いですね。

レッサーパンダ

レッサーパンダ

カンガルー館には、カンガルーやレッサーパンダがいました。愛くるしい姿をみるため、こちらにも沢山の人がいました。

レッサーパンダは動作はあまり俊敏ではないのですが、木登りが得意で、樹上で休息したり、木から木へと移動することがあるようです。私が見たときは、かなり軽快に移動しているように見えました。

写真のように、レッサーパンダがじゃれあっていて、とても楽しそうです。見ているこちらまで、楽しい気分になりました。

ユキヒョウ

ユキヒョウ

熱帯動物館にユキヒョウがいました。ユキヒョウは灰色~白色の毛を持ち、野生のものはヒマラヤなど高山で生活しているようです。

今年5月にも赤ちゃんが誕生しているようですが、一般公開はされていませんでした。

私が見たときには、2頭が別々の場所におり、互いを気にして見合っていました。なかなか面白い光景です。

ユキヒョウは思っていたより体が大きくないのですが、かなり精悍な印象を受けました。

は虫類・両生類館

は虫類・両生類館

2011年にリニューアルした、は虫類・両生類館へ行きました。写真は、イグアナでしょうか。

植栽や擬岩、演色性の高い照明等の導入により、展示動物の生息地にあったレイアウトを施し、美術品を鑑賞するような静かで落ち着いた空間構成になっています。

カメやワニ、ヘビやカエルなど、沢山の珍しい動物が展示されています。施設内は高温多湿なので、あまり長居はできないようです。

ワニなども間近で見ることができ、迫力があって良いですね。ヘビはちょっと苦手なので、あまりしっかり見ることは出来ませんでした。

さっぽろ円山動物園を回ってみての感想

円山動物園園内の芝生

オオカミやユキヒョウなど、一部見ることの出来ない動物がいたことは、残念でした。公開時期をしっかり確認していくのが良さそうです。

園内には、芝生エリアや休憩所が多数あり、お弁当を持って行って、ランチを楽しむこともできるようです。私が行った際にもビールを飲みながらご飯を楽しむ姿を見かけました。私も次回はお弁当持参で行ってみたいですね。

マルヤマンなるキャラクターがいるようですが、今回は会うことができませんでした。グッズも販売されているので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

駐車場は、屋根付きの第一駐車場が、おすすめです。旭山動物園へも行きました。

なお、入場チケットの裏面には、文房具の10%割引券がついています。大丸藤井セントラルの割引券として利用できるようです。

施設情報

  • 所在地:北海道札幌市中央区宮ヶ丘3番地1
  • 電話:011-621-1426
  • 開園時間:季節により異なる
  • 休館日:あり(詳細はWEBページ参照)
  • 入場料:600円(大人)
  • ホームページ:ホーム/札幌市円山動物園
ページのトップへ戻る